創造気流

架空のことを書いていきます。

タマウカセ(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.30


タマウカセ
f:id:shinkawasayuta:20170805233627j:plain

ボール類

体長は約15cm




特徴

頭から何本もの管が生えており、そこから水蒸気を出している。メスはその水蒸気を使ってタマゴを浮かせている。孵化した後の子供も浮かせて、水蒸気の中に母乳を混ぜて飲ませる。オスは水蒸気で果物を落として、家族のもとに持ってくる。




タマウカセ射的

お祭りや縁日で行われる遊び。ルールは、ひな壇に並んだタマウカセが景品を浮かせており、それを水蒸気鉄砲で撃ち落とすと、景品がもらえる。景品を落とすコツは、タマウカセの管を狙うこと。近年では、『動物お大事に協定』により禁止されている地域もあるが、いまだに人気のある遊びである。




その他

南米では、タマウカセの母乳入り水蒸気入りアイスクリームを食べる地域もある。





※この図鑑の内容は、パラレルワールドに行った際に、ご活用ください。






緑カブトガニ(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.29


カブトガニ
f:id:shinkawasayuta:20170804232809j:plain

自然類

体長は約15cm




特徴

雑草が土に根を張り、根同士が絡まりに絡まることで、生き物と化したカブトガニ。ほぼ雑草なので、『生きた雑草』と呼ばれている。ほぼ雑草なので、ほぼ動かない。ほぼ雑草なので、雑草と間違えられて除草される。




グリーンメクレルース

スコットランドにあるゴルフ場。全コースに緑カブトガニが敷き詰められている。そのため、たまに緑カブトガニが動くことによって、ボールの軌道が変わったりする。ゴルファーからは『緑の魔城』と呼ばれ恐れられている。




その他

戦国武将『草祭伐斎(くさまつり・ばっさい)』の兜は、緑カブトガニの形をしている。これは仲間同士であれば行動で示さずとも、心の中で繋がれるという意味が込められている。(諸説あり)






※この図鑑の内容は、パラレルワールドに行った際に、ご活用ください。








ウラグチゾウ(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.28


ウラグチゾウ
f:id:shinkawasayuta:20170803232932j:plain

哺乳類

体長は約4m





特徴

背中に大きな口がある生き物。鼻や尻尾で食べ物を掴み、口の中へと運び入れる。また鼻と尻尾の先から同時に水を噴射し、周りの気温を最大15度下げることも出来る。危険を感じた時は、体に鼻と尻尾を巻き付けた状態で、勢いよく水を噴射することによって、体を回転させながら相手に噛みつく事もある。



ウラグチゾウ式ファスナー

ウラグチゾウの背中をヒントに開発されたファスナー。従来のファスナーと違い、決して壊れることがなく、ウラグチゾウに踏まれても壊れない。さらに手をかざすだけで、開閉が可能なので、引き手の部分が必要ない。




その他

裏口入学した者を隠語で『ゾウ』と呼ぶ。これはウラグチゾウが由来となった言葉である。






※この図鑑の内容は、パラレルワールドに行った際に、ご活用ください。




【TokyoDive(トーキョーダイブ)】

ヌゥイシ(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.27


ヌゥイシ
f:id:shinkawasayuta:20170802232733j:plain


石類

体長は約5cm




特徴

体が小石で出来ている。小石を食べ、小石で家を作る。人間の子供のズボンのポケットに、小石を入れる事を生き甲斐にしている。



ヌゥストーン

ロンドン南部のヌゥルズヌベリーにある列石のこと。螺旋状や格子状など様々な並べ方で、小石が配置してある。最近まで、何を意味しているのか判っていなかったが、ヌゥイシに小型カメラを着用させて歩かせてみると、美味しいローストビーフの作り方が示されていることが判明した。




その他

スコットランドのことわざには『ヌゥイシを可愛く思うことは恥ではない』というものがある。意味は、自分本位で生きることが大切だということ。




いい旅、あたらしい旅。JALパック 国内ツアー

クロコバナナ(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.26


クロコバナナ
f:id:shinkawasayuta:20170801233038j:plain

爬虫類
体長は約80cm




特徴

上半身がワニで下半身がバナナの生き物。大人になると下半身の皮が剥ける。その剥けた状態の下半身に群がってきた、猿やゴリラを襲って食べようとするが、逆に下半身を食べられてしまう。




バナナ橋

クロコバナナの剥けた皮が集まって出来た橋。アマゾン川ナイル川で多く見られ、人間や動物たちが利用している。大きいものだと100人乗っても壊れないが、船がぶつかると簡単に壊れる。




その他

南米やアフリカ諸国では、クロコバナナを料理に使うことが多い。代表的な料理の『ロコバナ』は、ワニの肉とバナナが混ざったような味がする。






※この図鑑の内容は、パラレルワールドに行った際に、ご活用ください。






アクア・ノア・ブルー(空想遊戯)

空想遊戯No.1


アクア・ノア・ブルー
f:id:shinkawasayuta:20170801150722j:plain

ジャンル RPG

開発元 総ゲー社

キャッチコピー『地球より青かった』




あらすじ

水だけで構成されている未知の惑星“アクアノア”。美しい水の中で多様な生き物たちと出会う6人の調査員たち。様々なトラブルに見舞われながらも、捕獲や研究を重ね、とある真実にたどり着く事になる。





キャラクター




コバルト・オーシャン

 ノリ族の男性。あらゆる能力に長けた、みんなの頼れるリーダー。音楽を聴くとついつい踊り出してしまうのが、たまにキズ。



マリン・サファイア

 ワカメ族の女性。大して能力は高くないが、圧倒的な美しさを利用して、無理やり調査員にねじ込んでもらった。年齢は20代に見えるが、本当は小学三年生。



スカイ・エアウェイ

 トビウオ族の男性。爽やかな見た目と優しい口調で、みんなから好感を持たれている。しかし、心の中ではいつも悪口を言っている。



ネイビー・インディゴ

 ミル族。男性にも女性にも見える姿を利用して、みんなの裸を撮影している。そして、その動画を高値で売買している。



群青群馬
 ヒトデ族の男性。海のない惑星で育ったため、人一倍海への憧れを抱いている。アクアノアに着いてすぐに、興奮しすぎてどこかへ行ってしまった。地球人に似た姿をしている。






アイテム


魚群マンチカン

 魚の居場所を探知する猫型ロボット。喋れる言葉は「ぼく、マンチカン」のみ。調査員の誰にも懐いていない。



デニムケース

 生き物を収容するための箱。所々に穴が空いているが、カッコイイので愛用されている。



ウイングショット

 海流の向きを変えることのできる小型銃。群馬のポケットに入っている。



ストロングワイフ

 群馬の嫁の声が収録されたボイスレコーダー。これを流せば生き物たちが一瞬ひるむ。群馬のポケットに入っている。





ユーザーの声

『群馬を見つけるまでがシンドイ(>_<)』
マンチカンのフィギュアが欲しい』
『美しいアクアノアの世界によって、私の人としての未熟さ、青さを痛感いたしました』






※この遊戯は、空想している間でのみ遊ぶことができます。







ミートボーラー(パラレル生物図鑑)

パラレル生物図鑑No.25


ミートボーラー
f:id:shinkawasayuta:20170730233437j:plain

ボール類

体長は約3cm




特徴

食卓の上などにミートボールを放置していると、寄ってきてミートボールの上に乗っかる。ただただ乗っかるだけで、食べることはしない。パセリの匂いが苦手。




ゴミート食感発売所事件

2016年5月3日に起きたミートボーラー混入事件。ゴミート食感発売所の商品『ミートボール転がしませんか?』内に3匹のミートボーラーが混入しており、購入者がその写真をSNS上に公開したことで、事件が発覚した。しかし、その購入者がミートボーラーをペットとして飼い始めたので、大きな騒動にはならなかった。




その他

お弁当のミートボールの上に、チーズや海苔で作ったミートボーラーを乗っける通称『ボーラー弁』が、北関東周辺で流行っている。





※この図鑑の内容は、パラレルワールドに行った際に、ご活用ください。